みなさん、こんにちは。
ダメダメ心理師日本代表のcolonです。

最近、寒くなってオフトゥン周りの重力が強くなっているような気がする、今日この頃です。

さて、今回はこのブログの本筋から少し逸れて、今話題になっている2020東京オリンピックのマラソン・競歩開催が札幌に移転した話題について取り上げたいと思います。

そして、Twitterやメディアでdisられているあれやこれやについて、逐一反論していきます。

降ってわいたマラソン札幌開催

2020東京オリンピックのマラソン・競歩開催が札幌に移転するという報道があった日。

おそらく、多くの札幌市民や北海道市民は

ぽっかーん( ゚□゚)

という感じだったと思います。

そもそも、2020東京オリンピックは“東京でやるもの”。
サッカーの予選を札幌があることは知っていましたが、東京より貧しい多くの札幌市民や北海道民にとっては、高いお金を払ってチケットを買ったり飛行機やホテルを取ったりできません。

ほとんどの人にとってはオリンピックなど、違う世界の出来事で、まあ率直に言うと…

あんま興味ない

という感じだったのではないでしょうか。

せいぜい、興味を持っていたとしても
「日本時間に合わせて競技やるから、夜更かししなくていいよね」
くらいの感覚だったでしょう。

ところが、突然札幌でマラソンと競歩の競技をすることになり、急に身近なものに感じられたことと思います。

結構歓迎している人もいる

あまりメディアやWEB上には出てきませんが、札幌市民や北海道民の中には、マラソン・競歩の札幌開催を歓迎している人が多いと思います。

私もその1人です。

やはり、国際競技が間近で見られるのはとてもうれしいです。

しかもマラソンなので、沿道に行けば無料で見られます。
こんなチャンス一生に一度でしょう。
私は患者さんを連れて行ってやりたいなー、と思っています。

他にも札幌開催を喜んでいる人は多いと思います。
商機というよりも、純粋に間近で見られる、っていう喜びではないでしょうか。

もちろん「ビアガーデンが心配」という声もあります。
その辺は配慮が必要でしょう。

しかし、私のようにアルコールを飲まない人間にとっては、ビアガーデンもあってもなくてもどっちでもいい、と思っていたりします。

あくまで、ビアガーデンは酒飲みの人のための行事なんですよね…。

Twitter上では、ビアガーデンを心配している札幌市民に、「オリンピック・マラソン競技の札幌開催を一緒に反対しよう!」と呼びかけている東京都民の方がいらっしゃるようです。

そこに、かつて原子力発電所建設に向けて地方を分断させた電力会社のやり方と同じにおいを感じるのは、私だけでしょうか…。

札幌disの恐怖

そんなこんなで、多くの札幌市民や北海道民は、地元の気候と同じように、さらっとこのニュースを受け止めたと思います。

大して熱狂したわけでなく
東京をあげつらったわけでもなく

ところが、Twitterやメディアでは一斉に札幌disが始まりました。

私が札幌disのことを知ったのは始まってから数日後だったのですが、いやはや

こんなにひどいとは…(;´Д`)ヤレヤレ

Twitterだけではなく、全国メディアでも一斉に札幌叩き。
 
いや、東京の人がおもしろくないのはわかるけど…

札幌市民や北海道民が
悪いことしましたか?

ニュースがあるまで、札幌市民や北海道民はIOCや組織委でそんな協議をしているなんて知らなかったし、そもそも…

東京オリンピックなんてよそでやる行事のこと
北海道なんて関係ねー(*´▽`*)

くらいに、思っている人の方が多かったと思いますよ。

にも関わらず、

「なにもない!」
「観客こない!」
「札幌だめ!」


と、全国放送で札幌dis。

数日で収束するかと思いきや、1週間たってもいろんな番組で

しつこく

しつこく

しつこーく札幌dis!!

今週発売の週刊誌でも激しい札幌disの記事をのせる用意周到っぷり。

さらに、札幌市や北海道庁に札幌での競技開催に対する反対意見を数百件かけるとか…

弁護士に不当な懲戒請求を大量に送った、某サイトのネトウヨか。

中には
「札幌は辞退すべき」
と言っている人もいるようですが…

札幌と北海道のことは
札幌市民と北海道民が決めますよ

とだけ、言っておきます。

札幌の裏工作だって?

Twitterには
「札幌は盗人たけだけしい」
だの、なんだのといちゃもんつける人がいるようですが

知らんわ、そんなの(;一_一) 

さっきも書いたように、北海道の人間はあまり東京オリンピックに関心がなかったんですから。
関心のないことをどうやって裏工作して招致するの?わけわからん(笑)。

札幌が本気で東京からマラソン競技もぎる気だったら

今頃
赤レンガ庁舎改修してないわい。

(赤レンガ庁舎は2019年10月1日から改修中。終了予定は2022年)

さらに、Twitter上には
「札幌は冬季オリンピックを招致したいから、これを機にIOCにアピールしたいんじゃないか」
的な意見もありましたが…

私、今回の問題が起きるまで、未だ札幌が冬季オリンピック招致しようとしていたなんて、知りませんでしたよ(笑)

数年前まで招致活動していたのは何となく知っていますよ。

でも、あれ、失敗したような…。
で、頓挫したんじゃない?
あれ、まだ招致しようとしていたの?
そういや、ときどき虹とゆきのバラードを初音ミク(?)が歌ってんの聞くけど、あー、あれのこと?

どっちかといえばオリンピックが好きな私ですらこの程度ですから、オリンピックに関心がない北海道民にいたっては、

札幌が冬季オリンピックを招致していることすら
寝耳に水なんじゃないかと思います。

で、多くの北海道民と札幌市民は
「ん、冬季オリンピック?IOCが北海道でやりたいってんなら北海道でやっていいし、やりたくないならよそでやったらいいんじゃない?」
くらいに思っているんじゃないでしょうかね。

それくらい、札幌市民や北海道民が冬季オリンピックに思い入れがないことは、ここで断言しておきたいと思います。

まあ、IOCも重大な決断だっただろうし、もし札幌に断れたら次の候補地を探さなきゃならないわけで、確実に受け入れてもらうために、発表前に事前協議くらいはしていたでしょう。

でも、それって
裏工作って言うんですか?(;´Д`)

だいたい、元首相で組織委会長の森さんが
「IOC会長が決めたことを組織委が駄目とは言えない」
って言ってるくらいなんです。

その森さんが断れないものを、地方都市の首長が断れるんでしょうか?

そういう話だったと思いますが。個人的には。

札幌はマラソン競技にふさわしくない?

私はマラソンにあまり興味もないけど、毎年、北海道マラソンという国際競技をやっているくらいなんだから、それなりにふさわしいんじゃないかと思っています。

歴史あるマラソン大会ですし、代表選考レースにも選ばれているし。
マラソンコースの実績としては十分で、だからこそIOCも札幌を指名したんじゃないでしょうか。

観客がいない、とか心配する向きもありますが…

今年(2019年)札幌雪まつりの来場者数270万人ですから。
2018年度の札幌観光者数は胆振東部地震があったにも関わらず1,500万人で、夏は観光シーズンですから。

きちっと広報すれば、人来るんじゃないですかね。

まあ、東京よりは目立った建物ないですが…

高層ビルが少なく、適当に自然と共存している感じが札幌のいいところだと思いますよ(*´▽`*)

実際に、外国人の方にも東京よりごちゃごちゃしていない、っていう理由で札幌や北海道に移住してきている人多いですし。
なんでも、東京みたいに建物がたくさんありゃいいってわけじゃないと思います。

それに、実況泣かせとか、見所がないとかいう批判もありますが…

マラソン競技してるんだから
レース実況すりゃいいんじゃないの?(;´Д`)

もしかして、東京でマラソン競技するときには、レースや選手のことでなく、東京の名所だけを実況するつもりだったんですかね。

でもそれって、マラソンの実況中継なの?

なんだか、よくわかりませんが。

で、
札幌だって最近暑い!
東京より気温が高いことあるじゃないか!

という意見もありますが。

まず、2年札幌に住んでみましょうか(*´▽`*)

確かに長年北海道に住んでいる私も、最近北海道の夏が暑くなったなー、って思います。
蒸し暑い日もあるし、東京より暑い日もあるし。

でも、そういう日って一夏に数えるほどなんですよ。
長くて1週間しか続きません。

今年は7月末~8月初旬の1~2週間暑くって、連日30℃越えでしたが、
はっきりいって例外です。

例外だからこそ
北海道民の多くがエアコン持ってなくて困ったんです。

で、そういう暑いとき、たいてい東京は40℃近いですよ。

さらに湿度が全然違います。
湿度は東京よりかなり低いです。
だから、北海道の夏はさらっとして、東京に比べると過ごしやすいんです。

この辺、信じられないっていうなら一度、来てみた方がわかると思いますけど。

そもそも、40℃近い酷暑が、“打ち水”とか、“遮熱舗装”とか、“かぶる日傘”とかで何とかなると本気で思っていたんでしょうか?
もしそうだとしたら、とっくの昔に地球の温暖化問題は解決してると思いますけどね。

こういう対策は、湿度が低い分、札幌の方が効果を発揮すると思いますし、納得できない人はそれこそ、

中学校から理科をやり直した方がいいですよ。
本当に(´・_・`)

結局は偏見と差別

今回はTwitterだけでなく、いろいろなメディアで札幌disキャンペーンが繰り広げられたわけですが、根底には東京の一地方都市、特に北海道という後発地域に対する根強い偏見と差別があったんだと思います。

京都や広島、といった歴史ある都市だったら、こんな全国的disりキャンペーンなんて起きなかったんじゃないでしょうか。

札幌みたいな弱小・貧困地方都市だから、多少(?)disってやっても反撃されないぜ。
反撃されたって、大したことないんじゃね?

的な考えが根底にあったと思います。

まあ、こうした考えが透けて見えたからこそ、私は
「なんか、同じような構図のこと前にあったよなー」と思って、こうしてエントリを書いているわけですが。

小池さんの話では
「マラソンのためにマンションを買った人がいる」
とか
ひるおびでは
「マラソン観戦客を見越して、新しい店舗を購入した」
とかいう話も聞こえてきます。

まあ、投機が失敗して大変だと思いますが

その憤りを札幌や北海道にぶつけるのは
やめてくれませんかね(;´Д`)

たんまり懐に入ると算段していたオリンピックマネーが、北の弱小都市に取られるのがおもしろくなかったんでしょうけど。

それって、思いっきり八つ当たりですから。

見れば見るほど、弱いものいじめの構図が浮かび上がってきて、
ああ、つまり、東京の人は弱小札幌・貧乏北海道民など…

同じ日本人と思っていないんだな(;一_一)

と、思ったりするわけです。

札幌市民・北海道民は怒ってるよ♡

北海道民の気質として、

大人しい
さらっと、からっと、前向き。
あまり過去にこだわらない。

というのがあります。
今回の騒動中に早くも“札幌dis”を“札幌discover”にという動きもあって、
本当に北海道民っていいよなー
と思いました。

いつまでもぐちぐちと粘着してくる、どこかの人たちよりよっぽど建設的ですね。

…でも、だからといって
怒ってないわけではないんですよ。

札幌市民や北海道民も、ここまでしつこく、徹底的にdisられれば、傷つくし、悲しいし、怒りもわくし。

そればっかりだと何も解決にならないから、選手のためにもいいレースにしようと、気持ちを切り替えているだけなんです。

もし、一連の流れを見てて、東京の人が
「札幌市民や北海道民はいじめても反撃してこないぜ」
「ちょろいぜ田舎者」
とか思っているようでしたら
大間違いです。

みんな心の底では、怒っていますから

「東京と札幌に溝を作ってします」
と心配されている有名人の方もいらっしゃるようですが…

これだけ徹底的に札幌disキャンぺーしたからには、きちんとした謝罪がない限り、東京と札幌の溝は未来永劫埋まらないことだけは、確かだと思います。

そして、私は他の札幌市民や北海道民のように心が美しくないので…

札幌と北海道をいじめた東京都民が未来永劫…

ぼろっぼろにくずれたポテチしか食べられませんよーに
味噌ラーメンが未来永劫、ぶよっぶよにのびていますよーに

というみみっちい呪いをかけています。

そして、今回さんざん札幌disった東京都民が来年、北海道に来て道に迷っても案内などしてやらん。

広大な北海道のど真ん中で

く ま と 
た わ む れ て い ろ

と思っています。

ということで、今日はネガティブ妄想全開のお話でした。

みなさま、来年札幌にいらっしゃるのを
心よりお待ちしてまーす(*´▽`*)